女性向け動画の基本

work on computer

わざわざ「女性向け」と名づけられているからには、従来のエロ動画とはどこか違うところがあるに違いありませんが、その違いとはどこにあるのでしょうか。
というか、そもそも「女性向けエロ動画」とはどのようなものなのでしょうか……と考えたほうがわかりやすいですね。どのような要素を持つ作品を持つ作品を、私たちは「女性向け」として楽しむことができるのでしょうか。
その基本的な要素は、私が考えるのに3つあるということになるようです。ひとつは、「イケメンの男優さんが登場すること」。そして「可愛い系で『無害』な女優が出てくること」、「ソフトな優しいプレイ内容であること」です。

ひとつめの要素については、ゴチャゴチャいう必要はないでしょう。男性は、エロ動画を見るときに「ほえー、こんな可愛い子とオレもエロエロしたいぜよ」と考えています。女性の場合だって、登場する女性に感情移入して「いいなぁ、こういうイケメンにエッチなことされたら大洪水になっちゃうょ……」と、意識的にせよ無意識的にせよ、考えてしまうものなのです。
ふたつめの要素については、やはり男性が過剰に自己主張の強い男優を好まないように(いい意味でのアクの強さは好まれますが)、女性だってぶりっ子だったり大げさに痴女っぷりを発揮しちゃったりするような女子は基本的にあまり好きじゃないでしょう。そういうわけで、「無害」な、とりあえず誰でも感情移入できる黒髪(あるいは暗めブラウンの髪)で色白の「女子の基本形」みたいなのが出ていればいいのです。
みっつめの要素についてはいわずもがな。男性はやたらとバチバチ音がするような激しいやつを好みますが、女性としてはしっとりと雰囲気たっぷりのスウィートなエッチを好むところでしょう……。

と、こういうわけで、女性向けエロ動画の3つの要素が出そろうのです。